旧ブログ

sambaiz.net に引っ越しました

TexturePackerで作ったcocos2d-js用のスプライトシートを使う

前回作ったスプライトシートを使ってみます。

var res = {    
    aaaaPack_plist : 'res/aaaa.plist',
    aaaaPack_png : 'res/aaaa.png'
};

plistはcc.spriteFrameCache.addSpriteFramesで読み込みます。 以下はSpriteBatchNodeを使った例です。

var ws = cc.winSize

cc.spriteFrameCache.addSpriteFrames(res.aaaaPack_plist);
var aaaaP = cc.textureCache.addImage(res.aaaaPack_png);
this._aaaaPBatch = new cc.SpriteBatchNode(aaaaP);
this.addChild(this._aaaaPBatch);
var hw = new cc.Sprite("#HelloWorld.png");
hw.attr({
    scale: 1.0,
    x: ws.width / 2,
    y: ws.height / 2
});
this._aaaaPBatch.addChild(hw, 1);

画像が表示されました。

f:id:sambaiz:20150305171202p:plain