旧ブログ

sambaiz.net に引っ越しました

国会図書館やばい

はじめて国会図書館に行ってきたけどやばい。

やばいのでしばらく書いてなかったブログを更新してみた。それぐらいやばい。

 

利用資格は原則として満18歳以上であること。利用資格がなければ入ることもできないので、子供と一緒に行ってはいけない。

 

場所はここ。国会議事堂の隣である。
JRの渋谷駅から地下鉄の半蔵門線に乗り換えて永田町駅で降りてしばらく歩いていったところにある。出口が複数あるのでなるべく近いところから出られるといいね。

 

何がやばいかって、とにかく本がたくさんある。Wikipediaによると25,003,304点(2011年3月末現在)。ない本を探すのが難しい。

id:saisa6153 が欲してた絶版の

も勿論ある。なにもプレミア価格で買うことはなかったのだ。

雑誌もたくさんあって、あるキーワードで検索すると、その中の一記事までひっかかる。こんなのあったらいいなっていう情報が3年前の雑誌から見つかったときは感動した。

 

ただし、ほとんどの本は書庫の中にあるので、職員の人にとってきてもらうことになる。30分ぐらいかかると書いてあったが、もっと早く来たと思う。なので不便というより自分で本棚まで探しにいく手間が省けてむしろいいんじゃないかな。

ちなみに、館内にあるPCから、申請を出し、届いているか確認できるので、カウンター前で待たなくてもいい。

 

最初に行ったときは利用者登録が必要なので、新館の方の入り口から入る。登録には本人確認書類が必要なので保険証を持って行った。少し待っているとカードを渡されて、利用できるようになる。このカードは、入場や館内のPCを利用したり、本の受け取り返却に使う。

ちなみに本人確認書類がない時用のカードもあるので、入れてくれないというわけではないが、書庫の本が利用できない制限があるみたいなので忘れないように。

本人確認書類については以下のURLに書いてある。

http://www.ndl.go.jp/jp/information/guide.html#identification

 

館外に本を持ち出すことはできないが、複写はカウンターでできる。A4一枚25円だったと思う。即日複写と後日郵送を選ぶことができる。

 

最上階にはリーズナブルな食堂がある。弁当を持ち込んで、ここで食べてもいいらしい。ちなみに1階に喫茶もあったが、時間がなかったので行けなかった。

 

持ち込めないものがいくつかあって、それらはコイン返却式のロッカーにいれることになる。基本的にかばんはだめなので、持ち物は透明な袋に入れていくことになる。袋はロッカーの所に置いてあった。あと、携帯電話は持ち込めるが、カメラは使えない。この記事に館内の画像がないのはそのためでもある。

 

ちなみに日曜は休館で、土曜は時間が短い。時間を確認しておいたほうがいい。

あと、行こうとする日が開いてるかHPで確認してから行くべきである。

確認してから行くべきである。

f:id:sambaiz:20130309222207j:plain(先週)